ダイエット 運動なし

運動なしでダイエットを進めていくことも出来ますよ。

運動をしていった方が、ダイエットの進み具合は早いですが、運動が出来ない状況の人もいますからね。

ですので、まずは運動せずに痩せていくために『食事制限』を集中して行っていきましょう。

ダイエットの基本はカロリー調整

運動をしないでダイエットを行っていくには、カロリー調整が必須になってきます。

一日の摂取カロリーは『体重(kg)×30』と言われています。

ですので、目標体重を決めたら、この計算式で一日の目標摂取カロリーを決めましょう。

目標カロリーが決まったら、その範囲内になるようい食事の内容を変えていきましょう。

それだけでも目標体重にはしていきやすくなるそうですよ。

もし、カロリー調整が苦手なのであれば、他の方法で食事制限をしていくのもいいですね。

1.食事の量を減らす

食事の量を減らす=カロリーが減る、になりやすいです。

最初から食べる量を決めて、減らしていくのもいいですが、それだとストレスになる可能性がありますので、最初の内は普段の量から少しずつ減らしていくのがいいかと思いますよ。

また、食べる時はよく噛んでゆっくり食べていくようにしましょう。

満腹中枢という言葉は聞いたことがあると思いますが、満腹中枢が刺激されると、食欲が落ち着いてきて、食べるのを止めることが出来ます。

この満腹中枢は食べ始めてから20分ほどで刺激され始めるそうですから、とにかくよく噛んでゆっくり食べていくといいですね。

噛むことも、満腹中枢を刺激することになるので、食事の前にガムを噛むのも有効的だそうですよ。

2.食べる順番に注意する

食べる順番に注意していくと太る原因を回避しやすくなるそうですよ。

その順番は『野菜→汁物→たんぱく質→炭水化物』という順番がいいそうです。

炭水化物は米やパンなどの主食なのですが、これから食べると、血糖値が急上昇して太る原因になるそうです。

ですので、野菜や汁物を先に食べておくことで、血糖値の上昇を緩やかにしていくのがダイエットに良い食べ方なのだそうです。

野菜や汁物はカロリーも低めですから、これらでお腹がいっぱいになっていれば、場合によってはカロリーが高いたんぱく質や糖質を多く含む炭水化物の摂取も押さえていけますよ。

3.なるべく毎日同じ時間に食事をする

規則正しい食生活をしていくようにしましょう。

そうすることによって、体が空腹を感じにくくなっていきます。

人の体は空腹の時間が長く続くと、飢餓状態だと判断して、脂肪を蓄える働きをするようになっていくのだそうです。

ですので、朝食を抜いたりするよりは、軽くでも食事をしておいて、体に飢餓状態ではないと伝えていくことが大切です。

また、夜の22時以降、特に夜中の2時~4時の間も、脂肪を蓄える働きをするそうですから、その時間にも胃に食べ物は入っていない状態にしておいた方がいいそうですよ。

普段の食事の調整が終わったら置き換えダイエットも試してみる

食事の量を減らしたり、規則正しい食生活に改善していくことが出来たのでしたら、だんだん体重が落ちていかなくなってくると思います。

そういう時は置き換えダイエットを試してみるのがいいですね。

食事そのものを置き換えてもいいですし、主食を別のものにするのもいいと思います。

自分がやりやすい方法で行っていきましょう。

朝食の置き換え

朝食の置き換えだと、

●ヨーグルト
●バナナ
●シリアル

といったものを使っている人が多いかもしれないですね。

それぞれ低カロリーのものが多いですし、そもそもこれしか食べていない、という人もいると思います。

ただ、朝食は日中の活動のためのエネルギーを補充していかないといけないので、もう少ししっかり食べてもいいそうですよ。

たんぱく質や栄養素の摂取はしていった方がいいですから、サラダやコンビニのサラダチキンと一緒に食べていくのもいいのではないでしょうか。

夕食の置き換え

夕食の置き換えだと

●蕎麦
●豆腐
●ダイエット食品

といったものが挙げられますね。

夕食の場合は、主食を置き換えていくことも多いかもしれませんが、そもそもエネルギーの補充が必要ありません。

ですので、置き換えダイエットをするのに一番適した時間帯とも言われています。

ただ、今回朝食の所で挙げた3つの置き換えは、夕食の置き換えには向いていないそうです。

蕎麦や豆腐を主食の代わりに食べて、おかずは普通に食べるそうです。

ダイエット食品のみで、おかずは無しという人もいるとは思いますが、ダイエット食品なら栄養も豊富に含まれていますので、使用上の注意で特に何も書いていないのであれば、夕食丸々ダイエット食品にしても良かったかもしれないですね。

運動をすればよりスムーズにダイエットが出来る

ウォーキングや水泳、筋トレなどを行っていけるのが一番の理想ではありますが、それが難しいという人もいると思います。

ですので、ストレッチだけでも行っていってはどうでしょうか。

ストレッチを行うことで、体の血行が良くなって、基礎代謝を維持していきやすくなります。

試しに、寝る前と起きたあとのストレッチを行っていってみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする